Google

2008年12月20日

センター試験,いよいよ!

 平成19年度のセンター試験は 受験者数553,352人 昨年度と比べると1970人増加のようである。例年本当に寒い日がセンター試験になるが,いよいよ1月20日21日と迫ってきた。
 受験生はここに来てあたふたするのではなく,今まで頑張ってきた自分を力を存分に出せるように,健康に気を使い,万全の体制を整えて欲しい。
 昨年 私の知合いの二人目の子は 一浪の末 東京大学に通ったが,センター試験では物理がダメだったと言って肩を落としていたのを思い出す。
 親の立場としてはどうしようもないが,やはり 子どもの健康,体調・精神に気を使ってやることが一番だと思う。
 頑張れ,受験生!
posted by hirosige at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 大学受験

2008年12月17日

受験教育は必要か

受験教育の批判がマスメディアなどでも盛んに言われる。子どもがかわいそうだとか,受験勉強は社会に出て何のプラスにもならないとか・・・。
最近わかったことであるが,このような記事を書くメディア記者は,まじめに受験勉強などしたことがない者がほとんどなのだ。だから,ある意味で高学歴者に対する揶揄があるのではないだろうか。そんな記事に惑わされる必要はない。むしろ親は自信を持って自分の価値判断で子どもを育てるべきであろう。
posted by hirosige at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験

2008年12月14日

受験教育は役に立たないか

受験勉強は役に立たないのであろうか。そんなことは決してない。

英語:受験勉強で頭に入った英語能力は,私の経験から35歳くらいまでは一般的な会話なら十分役立つ。

歴史:日本史,世界史とも社会に出ても十分役立つ。特に旅行などで訪れた場所が歴史的な場所ならその知識によって楽しみが倍増するし,その場所の奥行きが広がる。

数学:受験勉強で覚える数式は,技術系の仕事では役立つし,一般的な数学の解答を導くための論理性は,社会的な問題解決に十分応用できる。

国語:現在のコンピューターソフトは,文学の文章に似ている。文法の規則性はソフトをつくり時に必要とされるセンスである。センスのある人の作るソフトは簡潔で美しい。

posted by hirosige at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。