Google

2008年12月08日

厳しさと優しさ

 子供を育てる上で大切なのは厳しさと優しさである。子供は媚びる大人を鋭く見抜く。
 今の大人は「いい人」でありたいと思うので,子供に媚びてしまう。その結果 くそ生意気な子供と世を舐めた人間が生まれてしまう。
 以前は近所に,わけもわからないが「怖いおっさん」がいた。近くを通るだけでにらみつけ,子供心に目をあわさずにすり抜ける工夫をしたものだ。でも,子どもにわけがわからないだけで,決して怖い人ではないというのが,親の説明であった。
 こんな,わけのわからない恐怖心は,子どもにとって必要なんだが,それも今はなくなっている。今の大人が10年後を見据えていい社会にしたいのであれば,「変に物分りのよい」大人ではなく,「話をしたことがないが怖い大人」としての存在を子どもに知らしめることも必要なんじゃないか?
posted by hirosige at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育て方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。