Google

2008年12月09日

PTA 先生 まったく・・・

しかし,本当だろうか。実は普通の先生はさほど父兄と交わることなどしていない。PTA活動などに参加して直接父兄と向かい合っているのは校長・教頭・学校主任程度くらいである。
Parents and Teachers Association がPTAの略語である。しかし実態はParents and A part of Teachers Association でPATAと呼ぶのがふさわしい。ほとんどの先生はPTA活動などに参加していないのが実態である。勿論,年に一度会議に出る程度,プリントをしてあげる程度の参加と言うのなら別であるが,「活動を共にする」と言うレベルでの活動参加と言う意味ではほとんど参加していない。そして,自分の子は私学に入れることに躍起になり,そのため5時以降にはさっさと帰宅して子供の指導にあたるか,時間を持て余した者同士の不倫に躍起になる。そのため,一般の先生と父兄とが信頼関係が出来るなんぞ,大いなる誤解である。先生が文句をいわれ,やばい状況に追い込まれたら日本教職員組合が守ってくれる。(校長,教頭等の管理職はだめ)だからこそ,世間との感覚がズレテイルのである。
posted by hirosige at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | PTA活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

女の性
Excerpt: 女の性っておどろおどろしいのはご存知ですか? 私は普通のパートの主婦で,このブログでは今まで趣味でいろいろ調べてきたことなどを書いてきました。
Weblog: たそがれ 団塊 熟女のおいろけ
Tracked: 2007-05-05 16:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。