Google

2006年12月09日

ファミコン-2

その後気が付いたことであるが,新しい機械を買って使えなくなった友人のゲームソフトが,うちに集まっているのである。すると,そのゲームを求めて子供たちが集まってくる。どうも,初期に作られたゲームの単純さがたまにはいいようだ。こどもって本当に面白い。
大人感覚で過剰な遊び環境を作るより 子ども達の持つしたたかさに任せて置くのがいいであろう。
「何でだめなの」という問いに対して「なんでもだめだ」という理屈のない拒否を教え,どうしようもない「あきらめ」の気持ちを教えることは 世の中 そこら中にある。

おとなが変にこびへつらって子どものことを思いやることは結果として子どものためになっていないことは多いのではないか。
posted by hirosige at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 育て方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

美しく見せるチャンス
Excerpt: 今年の秋は残暑もなく涼しいですね。昨年は10月になるまで残暑が厳しくて そのために紅葉もあまり色づかなかったので美しくなく,ちょっと寂しいものでした。で
Weblog: いい女@男のアドバイス
Tracked: 2007-02-10 20:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。