Google

2009年09月28日

日教組の横暴 民主の弊害

日本教職員組合(日教組)が反教育基本法改正運動で投じているお金が3億円に上ることが明らかになりました。
現役の教職員が平日から会前でデモに参加しているんだって。

給料もらって、教師代行を他に頼んで、平日の昼間からビラ配りですか。。。

学校教育の中心は誰なの?
こどもたちじゃないの?
日教組の運動に参加している教師は何のために運動やってるの?

現行の教育基本法10条、「教育は、不当な支配に服することなく」という条文を逆手にとって教育委員会の指導を拒否したり、国旗国歌反対運動にするなどの背景があるのであれば、「不当な支配」がどういうものかを条文に記すべきだろうし、教育基本法の趣旨を明確にしていく改正案なら納得できる。

国旗掲揚や国歌斉唱に思想の押し付けだとは思えない。
国家はひとつの共同体で、学校、会社、野球チームや劇団と変わらないんじゃない?
だから学校に校歌がありプロ野球チームにマスコットキャラターがいるように、国旗や国歌はその共同体のまとまりを作るのに必要なんだと思うよ。

問題なのははそのまとまり、団結心といったものが良くない方向(侵略戦争や暴力、犯罪など)に使われることでしょう。
逆に言えばそういった良くないことに「国旗・国歌」を安易に結びつけるのは思考が停止しているとしか思えない。
「国旗・国歌」をどう用いて「共同体のまとまり」と結びつけるか、そのまとまりをどう良い方向に導いていくかか問題になるんじゃない?

日教組は思想・信条を周りの声を無視して子供に押し付けようとする。
これはかなり危険なことですよ!
そういうこどもを洗脳する行為によって、思考が停止した人間を量産する日教組は害悪以外の何者でもありません。

今日の社会的に理想とされる教育はそういった特定の主義・主張・信条に染まらず、自分の頭で物事を考えられる人間を育てていくことでしょう。
現行の教育基本法10条にある、「教育は、不当な支配に服することなく」との規定を犯しているのは間違いなく日教組だろうね。

だから教育基本法も変に大改正しないで、そういう条文の意味をはっきりさせるように修正していけばいいんじゃないかなー、と俺は思うよ。
posted by hirosige at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 先生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129023727

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。